保存方法
保存方法

保存方法

年号ワインは大変デリケートな商品です。
お買い上げ後、できればお早めにお飲みいただき、ボトルやラベルを記念にとっておくことをおすすめいたします。

年号ワインの保存

セラーをお持ちの方は是非セラーにて管理なさってください

ワインの保存方法のしおり

なお、短期間の保存方法に関する簡単なしおりを商品に同封しておりますので、お届け先様も気軽にお楽しみいただけます。
とは言え、なかなかそうもいかないこともあるかもしれません。
どうしてもとっておきたい方や、保存が目的の方に「保存方法」をご案内いたします。

夏場、プレゼントする数日前に年号ワインが届いたら...

場所

なるべくすずしい場所で常温で保管していただくことをお奨めいたします。
クーラーのかかっている常温の状態であれば、問題なく1日過ごせます。

温度・湿度

できるだけ20℃以下、6℃以上で保管してください。(13℃での定温保存が最適です。)

置き方

温度変化の少ないところに横にして置いてください。
*万が一昼間留守にされるご家庭におきましては日中の室内が非常に暑くなるので冷蔵庫もやむないかと思います。
その場合、なるべく2重包装を解かずに梱包状態のままお入れください。

~ご注意~

※夏を越しての保存はおすすめできません。
※28℃以上の保存はコルクの密封限度を越えるので、酸化により品質を損ねる恐れがございます。
日中お留守になさるご家庭では特にご注意ください。
※日本列島は南北に長く都道府県別ではかなり気温が違います。
またマンションなどの気密性の高い住宅では事情が異なることが多々ございます。

ワインラック「マイ・セラー」とは?

「マイ・セラー」は発泡スチロールと段ボールの組み合わせから生まれたワインを優しく保管できる簡易ワインセラーです。
ご自宅にワインセラーが無い方に高級ワインをお求めいただく場合などに簡便な容器となっています。
室内に保管する際に大敵な光と、キッチンなどにありがちな異臭をしっかり遮断し、断熱性にすぐれた保管容器は、保湿材により湿気を保ちながらゆっくりと温度変化します。
室温変化に伴う急激な温度変化はないので夏場や暖房で乾燥する冬場など、常温保管が難しい季節でも状態の良いワインがお楽しみいただけます。

ワインの保存法のひとつマイ・セラー
ワインの保存に向くマイセラー
マイセラーラベル
  • 「マイ・セラー」に収納できるボトルは、ボルドー ・ブルゴーニュのスタンダードタイプとなります。
    アルザス地方のワインやドイツのワイン、古いワインで瓶形が異なる時代のものなどは入らないことがございます。
    (ボトルサイズの目安は 直径最大:80mmまで ボトル高さ:310mmまで)
  • ポリマーへの給水は、基本的にはワインを受け取った方が行う作業です。
    ただし、ご希望であれば弊社で予め給水して梱包いたします。
  • 「マイ・セラー」には冷却機能はありませんので、なるべく涼しい場所で保管して下さい。
      (直射日光の当たる場所は避けてください。室温が30℃を超えない程度の短期保存に向きます。)

この容器の大きな特長は、湿度コントロールができることです。
保水ピットの中の、高吸水性ポリマーの吸水・蒸散作用が高湿を保ち、コルクに湿り気を与えることで、空気の急激な流入を防ぎます。
容器側面にはラベルが付いていますので中身のワインが何かひと目で分かるので、ワイン1本毎の保存管理がしやすくなります。

  • 電動タイプのワインセラーに比べて格段に安価です。ワインセラーは必要の無い方にお薦めします。
  • 振動がないため、ワイン内のオリの攪拌が生じません。

高吸水性ポリマー セット方法

  1. 保水ピット(ワインのネック部分)にセットされている穴のあいているフタ(*1)をはずします。
  2. ビニール袋に入っているポリマー(*2)を保水ピットの溝に注ぎます。
  3. 水10cc~20ccを注ぐと30秒程でポリマーが寒天状になります。
  4. (*1)をもう一度セットして準備完了です。
ワインの保存方法に最適なポリマー
ワイン保存マイセラー図

保水ピットへの給水

  • ポリマーを常にカンテン状に保つために年に4回程度の10cc~20ccの給水を行ってください。
    (特に夏場は注意してください)
  • 高吸水性ポリマーは蒸発して固くなっても、水を注げば元のゼリー状に戻り何度でもご使用できます。