CHATEAU COS D'ESTOURNEL
シャトー コス デストゥルネル

19世紀の初代オーナーであったルイ・ガスパールは東洋貿易で財を成し「サンテステフのマハラジャ」とも呼ばれた人物です。それに因み東洋風の城館を建て、城中にはゾウのレリーフも多く飾られています。オーナーがインドへ輸出したワインの残りを持ち帰って飲んでみるととても美味しく大評判になったという銘柄です。

実力は格付1級に値するため「スーパーセカンド」と讃えられる銘柄の一つです。
南斜面からは格付け1級のシャトー ラフィット ロートシルトを望む砂利の多い土壌で、ブドウ品種はメルロー種比率が高いため、芳潤でしなやかなワインスタイルが人気です。

シャトー コス デストゥルネル CHATEAU COS D'ESTOURNEL 在庫リスト

42件中1-10件表示