ソムリエ厳選 
1957年のおすすめワインランキング

おすすめ第1位
1957年 バローロ リゼルヴァ ヴィニエティ カンヌビ(赤ワイン)

生産者:ジャコモ・ボロゴーニョ社

italyイタリア・ピエモンテ州・バローロ

1957 バローロ リゼルヴァ ヴィニエティ カンヌビ(赤ワイン)

ソムリエソムリエより

イタリア赤ワインの最高峰のバローロ、さらにその中でもカンヌビの畑はバローロ地区の最良区画と言われます。その畑名は1700年代の歴史的文献にも記されています。エレガントさと長期熟成能力の高さに定評があります。

ワインの色は熟成を感じる褐色がかったルビー色。ドライフルーツ、チョコレート、バラのドライフラワー、腐葉土、紅茶葉など熟成からくる乾いたニュアンスも豊富に感じ取れます。角が取れ柔らかくまとまりとても上品な印象です。

ジビエやローストした赤身の肉料理、熟成タイプのチーズが良く合います。

生産者のジャコモ・ボロゴーニョは1761年設立の老舗の元詰め栽培農家で、伝統を重んじながらも大規模生産を行っています。ピエモンテ州の中でも古いビンテージを保有する格式高い生産者として知られています。

《色調》ブドウ品種がネッビオーロ種主体のバローロなどは大樽に寝かせている期間が長い為か、60年近く経年すると色素が抜けてオリになりロゼのような色調に明るく変化したものが多いです。

甘い

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

辛い

軽い

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

重い

税込価格: 53,900在庫有り
詳しく見る
おすすめ第2位
1957年 バローロ(赤ワイン)

生産者:アルフレッド・プルノット社

italyイタリア・ピエモンテ州

1957 バローロ(赤ワイン)

ソムリエソムリエより

還暦を過ぎてここに存在するだけでも奇跡のような貴重なボトルです。

若いバローロとはだいぶイメージが異なります。ワイン色は褐色がかり落ち着きが感じられます。香りはイチゴやバラなどをイメージできますが、華やかさが落ち着いて妖艶な雰囲気です。ドライフルーツやチョコレートの香りに動物的な香りもプラスされています。酸味や苦味などの味わいは溶け合い一つのハーモニーを奏でています。口に含むと想像以上に女性的なやさしい口当たりに感嘆させられます。

これまでの時の流れに思いをはせる感慨深き1本です。

アルフレッド・プルノット社の歴史は1904年に遡ります。世界大戦を挟み創業者は、このワインの前年1956年に引退しますが、情熱的な後継者が代々に力を発揮しています。伝統を尊重しながらもワイナリーを新築し醸造設備も一新し畑も約65ヘクタールとなり革新的にワイン事業を拡充しています。

《色調》ブドウ品種がネッビオーロ種主体のバローロは、数十年経過すると色素が抜けてオリになりロゼのような色調に明るく変化したものが多いです。予めご了承ください。

甘い

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

辛い

軽い

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

重い

税込価格: 44,000在庫有り
詳しく見る
1957年のワイン

在庫2種類(1957年)がございます

年号ワインでは当サイト専任ソムリエの河田が厳選した良質なヴィンテージワインを常時900種以上取り揃えております。

年号で探す

ヴィンテージワインガイド

1957年 のワインの出来

イメージ画像

1957年はフランス・ボルドー地方では冷夏と多雨の悪条件が重なってしまいましたが、良好な酸があり、水はけの良い土壌のシャトーが難を逃れています。一般にはワインの質にバラツキがあるので、実力のあるシャトーのものがお薦めです。ポイヤックとグラーブ地区の可能性が高いです。シャトー・ラ・ミッション・オーブリオンやシャトー・オーブリオン、シャトー・ラフィット・ロートシルトは絶賛されていますが、ストックはまず見つけられず残念です。なお、その他の銘柄でも近年まで生産者にストックされていたものが見つかった場合はリスクの少ない買い物となります。

白ワインの甘口ソーテルヌは爽やかな酸を持ちすっきりとした切れ上がりとなっています。

ブルゴーニュ地方の赤ワインは良い酸味がありボルドー赤ワインに勝る味わいです。穏やかな春から一足飛びに酷暑の初夏となりました。白ワインは5月に霜の被害を受けたシャブリの畑は壊滅的となってしまいました。その他の地域ではしっかりとしていて果実味豊かな味わいです。

スタッフより一言
スタッフより一言

1957年は前年の1956年のワインが難しかったこともあり、当初から期待され、買い込まれた年のひとつです。当時はまだシャトー元詰めばかりではなかったので、ワイン商のオリジナルラベルのボトルが5大シャトーを除く多くのシャトーで出てきます。 樽ごとワイン商に運ばれて詰められたボトルは非常にユニークで年号ワインならではの逸品です。 出来についてはシャトーごとにバラツキがあった年とされています。

▶ 1957年の商品リストはこちらから
1957年の
ワイン分類別評価
・ボルドー赤:
・ボルドー白:★★
・甘口ソーテルヌ:★★★
・ブルゴーニュ赤:★★★
・ブルゴーニュ白:★★★
・エルミタージュ:★★★★
・ドイツ:★★
・ハンガリー:★★★★★

1957年のヴィンテージワイン

ヴィンテージワインガイドサーチ

最初は条件で絞り込まずに表示しています

  • 種類で絞り込む
  • 産地で絞り込む
  • 次の年へ

3件中3件表示

wine
bottle

1957年 シャトー オーブリオン(赤)
Chateau Haut-Brion

point

超名門クラス (評価回数 51回)

data
格付け 第一級
パーカーポイント 90点
wine
bottle

1957年 シャトー ラフィット ロートシルト
Chateau Lafite-Rothschild

point

超名門クラス (評価回数 53回)

data
格付け 第一級
パーカーポイント 87点
wine
bottle

1957年 シャトー ランシュバージュ
Chateau Lynch-Bages

point

超名門クラス (評価回数 43回)

data
格付け 第五級
パーカーポイント 88点

ヴィンテージワインガイドのご利用方法

ヴィンテージワインや、その詳しい情報を探している方に著名なワイン評論家が付けた評価などの専門的なコンテンツをこのヴィンテージワインガイドで提供しています。

ヴィンテージワインガイドサーチ
  • 種類で絞り込む
  • 産地で絞り込む
人気銘柄
  • item
  • item
  • item
  • item
  • item
ボルドー地方の天候
1957年
  • 降水量
    371mm
    (平年の96%)
  • 積算温度
    3043
    (平年の96%)
  • 30度以上の日数
    15日
  • 収穫日
    10月1日頃~
    10月12日頃

1957年のヴィンテージワイン例のご紹介

こちらのボトルの他1957年のワインを色々と取り揃えております。

1957年 バローロ リゼルヴァ ヴィニエティ カンヌビ
ワイン名バローロ リゼルヴァ ヴィニエティ カンヌビ
(赤ワイン)
生産者ジャコモ・ボロゴーニョ社
生産地italy イタリア・ピエモンテ州・バローロ
平均的なブレンド比率ネッビオーロ種
税込み価格53,900円
評価
このワインの弊社在庫在庫有り
説明 バローロはイタリアを代表する銘酒で長命で高貴な味わいとして知られています。

ブドウが収穫されたカンヌビ畑はそのバローロの中でも最上位の区画として知られており、カンヌビの丘はバローロ村で最も歴史のあるたいへん素晴らしい立地。

海抜220メートルで南東向きの優良畑ならではの完熟ブドウによる個性と余韻の長さが期待できます。

生産者のジャコモ・ボロゴーニョはピエモンテ州でも古い歴史と由緒を持つワイナリーです。

丁寧でじっくりと手間をかけたこだわりのワイン造りをし、その古風な味わいと風格は特筆すべきものとされています。

生産量は小規模で、高級ワインを生産するワイナリーのなかでも特別な位置付けにあります。

《色調》ブドウ品種がネッビオーロ種主体のバローロなどは大樽に寝かせている期間が長い為か、60年近く経年すると色素が抜けてオリになりロゼのような色調に明るく変化したものが多いです。

甘い

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

辛い

軽い

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

重い

スタッフより
スタッフより
イタリア赤ワインの最高峰のバローロ、さらにその中でもカンヌビの畑はバローロ地区の最良区画と言われます。その畑名は1700年代の歴史的文献にも記されています。エレガントさと長期熟成能力の高さに定評があります。

ワインの色は熟成を感じる褐色がかったルビー色。ドライフルーツ、チョコレート、バラのドライフラワー、腐葉土、紅茶葉など熟成からくる乾いたニュアンスも豊富に感じ取れます。角が取れ柔らかくまとまりとても上品な印象です。

ジビエやローストした赤身の肉料理、熟成タイプのチーズが良く合います。

生産者のジャコモ・ボロゴーニョは1761年設立の老舗の元詰め栽培農家で、伝統を重んじながらも大規模生産を行っています。ピエモンテ州の中でも古いビンテージを保有する格式高い生産者として知られています。

《色調》ブドウ品種がネッビオーロ種主体のバローロなどは大樽に寝かせている期間が長い為か、60年近く経年すると色素が抜けてオリになりロゼのような色調に明るく変化したものが多いです。

1957年のビンテージワインをご購入された方のご感想

1件中1件を表示中

「栄転祝い」

1957年 シャトー パプ クレマン
(フランス 赤ワイン)

朝一の便で会社に品物が届きまして、早速プレゼントすることがで... 続きを見る

ハピネス指数 ★★★★★★★